忍者ブログ
〈ふつうのサラリーマン〉が長期投資の投信会社・楽知ん投信を立ちあげる
[15]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日行われた大道仮説実験ワークショップの
続きです。写真は準備中の風景です。

 このワークショップでは,私も講座を受け持ち
ました。

 〈社会のお金の流れ入門〉というコーナーです。
1コマ90分を,2日間で3回行いました。

 〈社会のお金の流れ入門〉は,私が作成した
「大人の社会科」のための授業プランで

  「金融資産を出発点として,日本の国における
   大きな〈お金の流れ〉を俯瞰する」

という内容です。

 そして,「直接金融」「間接金融」という2つの種類
の「お金の流れ」についてのべています。

 講座は,フリップブック(文字や図解を描いたプレゼン
用のスケッチブック)を使って進めます。
 
 フリップブックで,

  クイズのような一連の「問題」
  参加者に予想してもらう「答えの選択肢」
  「回答にあたるグラフ・図など」

を示しながら,話をします。

 参加者の方からも,気軽に発言してもらえるよう
気づかいます。議論がワイワイ盛り上ると,たのしい
ものです。

(このような方法論は板倉聖宣さんの仕事に負って
  います。このあたりのことはまたお話ししたいと思い
  ます。)

 金融や経済の話は「社会の科学」です。自然科学
だけでなく,社会の科学も「楽知ん」しよう(知ることを
楽しもう)というわけです。

   

           *

 「(営業準備中の)投信会社の社長」が行う勉強会
だからといって,

  「投資運用の具体的な知識やハウ・ツー」

をテーマにしているのではありません。

  「具体的な知識やハウ・ツーの背景や基礎になる,
    社会や経済の大まかなイメージ」

を,伝えたいのです。

 「経済のことは,自分はまるで素人だ」という大人や,
若い人を対象にした,「金融・経済入門」の教育ソフト。

 そんな「初心者向けソフト」の開発を,これからさらに
進めていきたい……と思っています。

 「初心者向け」というのは,むずかしいです。腰を
すえて,本気で取り組まないと「初心者向け」ソフト
はできない……常々そう思います。

 さて,〈社会のお金の流れ入門〉のコーナーには,
予想していたよりも大勢のお客さま集まりました。
といっても,最も多いときで,10数人ほどですが。
 
 学生から50代後半の「団塊世代」の方まで,お客さま
の年齢層はさまざまでした。

 なかには中学1年の女の子も。「子ども向け」は
まったく意識せず進めたのですが,最後までノート
をとりながら聞いてくれました。

 受講者のある女性からは,「私でもわかる金融の
ハナシをはじめて聞きました」とお褒めのコトバを
いただきました。うれしい。

 じつは,こんな「初心者のための勉強会」を,この
1~2年のあいだ,全国のあちこちで行ってきました。
主催してくださる方に呼ばれて,出張講師をしてきま
した。

 たとえば先月末には,ある高校の職場の集まりに
呼ばれ,先生方と〈社会のお金の流れ〉入門の
勉強会をしました。

 これからもお声がかかれば,どこへでも参ります。
さらに勉強会の頻度を上げていければ,うれしいこと
です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
〈社会のお金の流れ入門〉に興味あり!
〈社会のお金の流れ入門〉という授業プランに
大変興味を持ちました。
どうしたら入手できますか?
代金・送料でいいのか,研究会でしかやらないのか等
情報をお知らせ下さい。
肥さん URL 2007/11/29(Thu)07:06:04 編集
〈社会のお金の流れ入門〉の状況
プランに興味を持ってくださってありがとうございます。〈社会のお金の流れ入門〉は,今のところフリップを作成したのみです。「読んだだけで楽しめる印刷物」「秋田以外の講師の方が利用できるソフト」という形にまではいたっていません。まだ秋田が講師の研究会でしかご紹介していない段階です。申し訳ありません。しかし,できるだけ早く,広く利用可能な「講座のソフト」として完成できるよう,研究をすすめているところです。サークル・研究会などに呼んでいただきプランの話をさせていただけると,研究が進みます。機会があればよろしくお願いします。
秋田総一郎 2007/11/29(Thu)08:29:47 編集
ぜひお願いします
秋田さんへ
サークルに来ていただけるなら,ぜひお願いします。
といっても,現在私はサークルを主宰していないので,
各地のサークルに働きかけてみます。
肥さん URL 2007/11/30(Fri)21:39:24 編集
どこでも伺います
ありがとうございます。呼んでいただければ,全国どこでも伺います。具体的なお話がもしあれば,私のアドレスなどにご連絡いただけば幸いです。ぜひご検討ください。ともに,勉強・研究できたら,と思います。
秋田総一郎 2007/11/30(Fri)22:26:09 編集
素晴らしい研究です
鹿児島では久しぶりに秋田社長に会えて嬉しかったデス。
入門向けとうのは、本当に開発が難しいですよね。だからこそ、秋田さんの授業プランは重要な意義があると思います。
心から応援しています。
タクシ 2007/12/05(Wed)10:23:30 編集
やりがいのあるテーマです
 鹿児島では講座にたっぷりおつきあいいただきありがとうございました。
 ほんとに初心者向けが一番重要で,そして難しいと思います。
 また社会の科学の分野の教育は,自然科学の分野とくらべれば「何が教えるに値するか」ということが確かではないわけです。その「社会」関係の分野の中でも,とくにお金や金融のことは「何を・どう教えるか,伝えるか」がまだみえていない新しいテーマだと思います。
 だからこそ,やるべきこと・できることが多くあって,研究しがいがあるのだ……とも思います。これからも,研究を応援していただければ幸いです。
秋田総一郎 2007/12/05(Wed)14:19:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:    
秋田 総一郎
(あきた そういちろう)
自己紹介:
 1965年,兵庫県に生まれ東京の多摩地区で育つ。鉄道会社勤務を経て,2006年に楽知ん投信(株)を設立し代表取締役に。
 会社勤務のかたわら,「たのしい科学」の世界を子供や大人に広めるNPO法人「楽知ん研究所」で活動してきた。現在,多摩地区で妻と2人暮らし。

連絡先
 akitaあっとluctinfund.co.jp

※お手数ですが「あっと」部分を「@」にご変換ください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[03/26 秋田総一郎]
[03/26 よしたけ]
[02/29 秋田総一郎]
[02/29 直]
[02/25 秋田総一郎]
カウンター
忍者ブログ [PR]