忍者ブログ
〈ふつうのサラリーマン〉が長期投資の投信会社・楽知ん投信を立ちあげる
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日行われた大道仮説実験ワークショップの
続きです。写真は準備中の風景です。

 このワークショップでは,私も講座を受け持ち
ました。

 〈社会のお金の流れ入門〉というコーナーです。
1コマ90分を,2日間で3回行いました。

 〈社会のお金の流れ入門〉は,私が作成した
「大人の社会科」のための授業プランで

  「金融資産を出発点として,日本の国における
   大きな〈お金の流れ〉を俯瞰する」

という内容です。

 そして,「直接金融」「間接金融」という2つの種類
の「お金の流れ」についてのべています。

 講座は,フリップブック(文字や図解を描いたプレゼン
用のスケッチブック)を使って進めます。
 
 フリップブックで,

  クイズのような一連の「問題」
  参加者に予想してもらう「答えの選択肢」
  「回答にあたるグラフ・図など」

を示しながら,話をします。

 参加者の方からも,気軽に発言してもらえるよう
気づかいます。議論がワイワイ盛り上ると,たのしい
ものです。

(このような方法論は板倉聖宣さんの仕事に負って
  います。このあたりのことはまたお話ししたいと思い
  ます。)

 金融や経済の話は「社会の科学」です。自然科学
だけでなく,社会の科学も「楽知ん」しよう(知ることを
楽しもう)というわけです。

   

           *

 「(営業準備中の)投信会社の社長」が行う勉強会
だからといって,

  「投資運用の具体的な知識やハウ・ツー」

をテーマにしているのではありません。

  「具体的な知識やハウ・ツーの背景や基礎になる,
    社会や経済の大まかなイメージ」

を,伝えたいのです。

 「経済のことは,自分はまるで素人だ」という大人や,
若い人を対象にした,「金融・経済入門」の教育ソフト。

 そんな「初心者向けソフト」の開発を,これからさらに
進めていきたい……と思っています。

 「初心者向け」というのは,むずかしいです。腰を
すえて,本気で取り組まないと「初心者向け」ソフト
はできない……常々そう思います。

 さて,〈社会のお金の流れ入門〉のコーナーには,
予想していたよりも大勢のお客さま集まりました。
といっても,最も多いときで,10数人ほどですが。
 
 学生から50代後半の「団塊世代」の方まで,お客さま
の年齢層はさまざまでした。

 なかには中学1年の女の子も。「子ども向け」は
まったく意識せず進めたのですが,最後までノート
をとりながら聞いてくれました。

 受講者のある女性からは,「私でもわかる金融の
ハナシをはじめて聞きました」とお褒めのコトバを
いただきました。うれしい。

 じつは,こんな「初心者のための勉強会」を,この
1~2年のあいだ,全国のあちこちで行ってきました。
主催してくださる方に呼ばれて,出張講師をしてきま
した。

 たとえば先月末には,ある高校の職場の集まりに
呼ばれ,先生方と〈社会のお金の流れ〉入門の
勉強会をしました。

 これからもお声がかかれば,どこへでも参ります。
さらに勉強会の頻度を上げていければ,うれしいこと
です。
PR


 昨日のワークショップの続きです。

 「大道仮説実験ワークショップ」の講師やスタッフの
かなりの人たちは,全国各地(一番遠い人は北海道)
から手弁当で来ています。何万円かの交通費や宿泊費,
実験機材の費用などのほとんどを,自分で負担しています。

 今回は,鹿児島大学の有志の学生さんたちが,スタッフ
の中心となって運営を支えてくださいました。学生さんたち
も無償で多くの時間や労力を注いでこのイベントの準備に
あたりました。

 そこには「ボランティア」というよりも,「道楽」というコトバ
があてはまると思います。

  自分がしたことに対し
  お客さんが喜ぶ笑顔をみて,自分がたのしむ

という「道楽」です。

 お客さんのかなりの人たちも,全国各地からいらしています。
ご夫婦や家族連れの方もおられます。この方たちも,かなり
の費用や時間をかけて「科学をたのしむ」ために参加されて
いるのです。

  「つくる側」として,あるいは「お客さん」として,
  「科学をたのしむワークショップ」に参加すること

 このような「たのしみごと」は,いわゆる「レジャー」「娯楽」
とはちょっと違うかもしれません。

 でもこのような

 ・自分の「お客さん」つくり出し,その笑顔をみるたのしみ
 ・「知らなかった新しい世界」がみえてくる知的なたのしみ

 そんな「道楽」が,さかんに追求されるようになるのが,
「衣食足りた時代=成熟経済」だと思います。

 〈他人の笑顔〉と〈知を楽しむ=楽知ん〉の時代ということ
ではないかと思うのです。


     

 次回も,またワークショップ関係です。

 

 

 11月24日(土),25日(日)に鹿児島市で開催された

   「大道仮説実験ワークショップin鹿児島」

     (主催:NPO法人楽知ん研究所
       協働:鹿児島大学生涯学習教育センター)

というイベントに参加してきました。

 「大道仮説実験」というのは,

  「科学のたのしさ」
  「科学がみせてくれる世界のイメージ」

を,子どもや大人に伝えるための科学実験プログラム
の一種です。学校以外の場所でもできるように工夫
されているのが特長の一つになっています。

 「ワークショップ」では,その「大道仮説実験」のさま
ざまなプログラムをお客さんに楽しんでいただいたり,
実演する講師を養成する講座を開催したりしています。

 楽知ん研究所にとって,年1回の最も大きなイベント
で,全国各地で開催してきました。今年で6回目になり
ます。

 今回は,地元や全国から子どもさんも含め270人
ほどの参加がありました。
 
 会場は,「稲盛会館」という鹿児島大学構内にある
ホールです。(タイトルの写真)

 このホールは,京セラの創立者・稲盛和夫さんの
寄付によるものです。設計は,建築家の安藤忠雄さん。

 稲盛会館は,「ホール」としては決して大きな建物
ではありません。でも,数字で表される「大きさ」以上に,
空間に「使いで」を感じます。中を歩きまわっていると,

  「あ,ここにこんな場所・空間がある!」

という発見がいっぱいあります。

 そんなホールのさまざまな場所を使って,「大道仮説
実験」を実演したり,本やグッズを販売する出店を開い
たりしました。

     


 これはメインホールで行われた,オープニングの様子
です。「サイフォンの原理(水の流れ方に関する法則)」を
扱った〈ジョボジョボ~〉というタイトルの「大道仮説実験」
を実演しています。
 ホールは200数十人のお客さんでギッシリです。

 


 質の高い空間で,自分たちの好きなことをたのしむと,
さらにたのしみが深くなる……今回,それをつよく感じ
ました。 

 「建物」「空間」は,大事です。

 もちろん,「ソフト(その建物で何をするか)」が伴わな
いのに,建物だけが立派でも仕方ないでしょう。

 充実した「ソフト」とすぐれた建物・空間が組み合わさると,
じつに豊かでたのしい時間が生まれるのだと思います。 

 次回もワークショップについて書きます。

プロフィール
名前:    
秋田 総一郎
(あきた そういちろう)
自己紹介:
 1965年,兵庫県に生まれ東京の多摩地区で育つ。鉄道会社勤務を経て,2006年に楽知ん投信(株)を設立し代表取締役に。
 会社勤務のかたわら,「たのしい科学」の世界を子供や大人に広めるNPO法人「楽知ん研究所」で活動してきた。現在,多摩地区で妻と2人暮らし。

連絡先
 akitaあっとluctinfund.co.jp

※お手数ですが「あっと」部分を「@」にご変換ください。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/26 秋田総一郎]
[03/26 よしたけ]
[02/29 秋田総一郎]
[02/29 直]
[02/25 秋田総一郎]
カウンター
忍者ブログ [PR]