忍者ブログ
〈ふつうのサラリーマン〉が長期投資の投信会社・楽知ん投信を立ちあげる
[18]  [17]  [16]  [15]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日12月1日は,コンビニチェーン「セブン-イレブン」
の創業者・鈴木敏文さん(1932~)の誕生日です。
(写真は鈴木敏文さんを描いたイラスト。小出雅之さん作)

 「偉人伝」の中心は,本来歴史上の人物です。古い
時代の人物は,その業績の評価が,より定まっている
からです。

 なので,鈴木さんのような現役の経営者を「偉人」
として扱うのはどうなのか……という考えもあるでしょう。

 でも,鈴木さんたちが今から30数年前にセブン-イレ
ブンを立ちあげて,「コンビニ」という新しい産業をつくり
あげていった物語は,多くの大人や子どもが知っていて
いい「歴史」だと思います。


         *  *  *  *

         【三百文字の偉人伝】
            鈴木敏文
        (セブン-イレブン創業者)
          1932年12月1日生まれ


    サラリーマンが自前の資金でつくった

 コンビニ最大手・「セブン-イレブン」は,大手スーパー
のイトーヨーカ堂の子会社として設立されました。だから,
「イトーヨーカ堂がつくった会社だ」といえば,たしかに
そうです。

 でも,親会社のイトーヨーカ堂は,1973年のセブン-
イレブンの設立にあたり,資本金1億円の半分しか出して
いません。

 コンビニという新規事業に,必ずしも大きな期待をかけて
いなかったのです。
 
 資本金の残り半分は,イトーヨーカ堂出身の創業者:鈴木
敏文(1932~)や,ほかの創立時の社員たちが,自腹を切る
などして集めました。

 会社の新規事業に対し,社員が自前の資金を持ち寄る
ことは,ふつうは考えられません。

 「どうしてもこの事業を実現したい」との思いで行動した
そのときの鈴木たちは,「サラリーマン」ではなく「起業家」
そのものでした。


※参考文献 
 NHKプロジェクトⅩ製作班編
  『ブロジェクトⅩ挑戦者たち(5) そして,風が吹いた』
 (日本放送協会)

          *  *  *  *
 
 ところで,当社・楽知ん投信は,5名の個人株主が出資
して設立されました。去年4月のことです。

 学校の教師2名のほか,薬剤師,サラリーマンの秋田
(以上,楽知ん研究所のメンバー)。そして,外資系投信
会社から当社に参加した運用責任者の西生智久……
各人が1千数百万円ほどを出資しました。
  
 明日の次回も,セブン-イレブン関連で,話を続けます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:    
秋田 総一郎
(あきた そういちろう)
自己紹介:
 1965年,兵庫県に生まれ東京の多摩地区で育つ。鉄道会社勤務を経て,2006年に楽知ん投信(株)を設立し代表取締役に。
 会社勤務のかたわら,「たのしい科学」の世界を子供や大人に広めるNPO法人「楽知ん研究所」で活動してきた。現在,多摩地区で妻と2人暮らし。

連絡先
 akitaあっとluctinfund.co.jp

※お手数ですが「あっと」部分を「@」にご変換ください。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/26 秋田総一郎]
[03/26 よしたけ]
[02/29 秋田総一郎]
[02/29 直]
[02/25 秋田総一郎]
カウンター
忍者ブログ [PR]