忍者ブログ
〈ふつうのサラリーマン〉が長期投資の投信会社・楽知ん投信を立ちあげる
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 昨日のワークショップの続きです。

 「大道仮説実験ワークショップ」の講師やスタッフの
かなりの人たちは,全国各地(一番遠い人は北海道)
から手弁当で来ています。何万円かの交通費や宿泊費,
実験機材の費用などのほとんどを,自分で負担しています。

 今回は,鹿児島大学の有志の学生さんたちが,スタッフ
の中心となって運営を支えてくださいました。学生さんたち
も無償で多くの時間や労力を注いでこのイベントの準備に
あたりました。

 そこには「ボランティア」というよりも,「道楽」というコトバ
があてはまると思います。

  自分がしたことに対し
  お客さんが喜ぶ笑顔をみて,自分がたのしむ

という「道楽」です。

 お客さんのかなりの人たちも,全国各地からいらしています。
ご夫婦や家族連れの方もおられます。この方たちも,かなり
の費用や時間をかけて「科学をたのしむ」ために参加されて
いるのです。

  「つくる側」として,あるいは「お客さん」として,
  「科学をたのしむワークショップ」に参加すること

 このような「たのしみごと」は,いわゆる「レジャー」「娯楽」
とはちょっと違うかもしれません。

 でもこのような

 ・自分の「お客さん」つくり出し,その笑顔をみるたのしみ
 ・「知らなかった新しい世界」がみえてくる知的なたのしみ

 そんな「道楽」が,さかんに追求されるようになるのが,
「衣食足りた時代=成熟経済」だと思います。

 〈他人の笑顔〉と〈知を楽しむ=楽知ん〉の時代ということ
ではないかと思うのです。


     

 次回も,またワークショップ関係です。

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
大道仮説実験ワークショップin鹿児島(その2)
 鹿児島大学の学生さんの集まりである「楽知ん研究会」の山口さん から,ワークショップの素敵な写真をいただきました(^^)      キレイなおねーさんの紙芝居に,やさしいおねーさんのモノづくり 満面の笑顔で堂々としたバンジーチャイム,教訓コップづくりは準備 のときの写真ですね。  いやぁ学生さんが活躍してますね~。みなさん楽しそうです(^^)    バンジーチャイムはあたたかい快晴の中でやっていたので とても気持ち良さそうです。  オープニングでも行...
URL 2007/11/30(Fri)08:31:35
プロフィール
名前:    
秋田 総一郎
(あきた そういちろう)
自己紹介:
 1965年,兵庫県に生まれ東京の多摩地区で育つ。鉄道会社勤務を経て,2006年に楽知ん投信(株)を設立し代表取締役に。
 会社勤務のかたわら,「たのしい科学」の世界を子供や大人に広めるNPO法人「楽知ん研究所」で活動してきた。現在,多摩地区で妻と2人暮らし。

連絡先
 akitaあっとluctinfund.co.jp

※お手数ですが「あっと」部分を「@」にご変換ください。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/26 秋田総一郎]
[03/26 よしたけ]
[02/29 秋田総一郎]
[02/29 直]
[02/25 秋田総一郎]
カウンター
忍者ブログ [PR]