忍者ブログ
〈ふつうのサラリーマン〉が長期投資の投信会社・楽知ん投信を立ちあげる
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日11月25日は,アメリカの実業家(鉄鋼王)で,
社会事業家のアンドリュー・カーネギー(1835~1919)
の誕生日です。
(写真はカーネギーを描いたイラスト。小出雅之さん作)

 カーネギーは,このブログの関心事・テーマのひとつ
である

  「お金の使い方」
  「社会にどんなお金の流れをつくるのか」

を考える上で,とても重要な人物です。

 以下は,カーネギーという「偉人」のことを300~400
文字ほどで紹介したものです(秋田が書きました)。
 いわば「三百文字の偉人伝」です。

       *  *  *  *

       【三百文字の偉人伝】
      アンドリュー・カーネギー
      (鉄鋼王・社会事業家)

 1835年11月25日生まれ 1919年8月11日没


       お金を使うのはむずかしい

 アンドリュー・カーネギー(1835~1919 アメリカ)は,
裸一貫から身をおこし,製鉄業で大成功を収めました。
ここまでは「がむしゃらに金儲けを追及する」人生でした。

 しかし彼は,66歳で会社を売り払い,今でいうと何兆円も
のお金に換えてしまいました。そして,それをすべて社会事
業につぎ込むことに残りの人生を費やしたのです。

 彼は,多くの図書館のほか,学校やホールを建設したり,
平和や教育のための基金を設立しました。
 
 また,「いくら社会事業でも,ヘタにお金を使っては,か
えって社会にマイナスになる」と考えた彼は,いつも慎重に
検討を重ねたうえで,お金を使いました。
 
 そんな彼の活動は,〈成功者が私財を投じて行う社会貢献〉
の模範として,後世に大きな影響を与えました。

 「お金は,稼ぐより使うほうがむずかしい」

と,晩年のカーネギーは言っています。

 

※参考文献 木原武一『大人のための偉人伝』(新潮社)
      カーネギー『カーネギー自伝』(中公文庫)


         *  *  *  *


 お金がたくさんあって,それで「何かよいことをしよう」
という「想い」さえあれば,自分や人々の〈笑顔〉につながる
何かがすぐに実現できるか?

 ……というと,おそらくそうではないのでしょう。
 
  「そのお金をどう使えば,生きるのか」
  「人々の笑顔のつくり方・方法」
 
 について,相当の研究・試行錯誤が必要なのではないか
と思います。

 これから,ときどきこのように「今日が誕生日の偉人」
を紹介していきます。カーネギーのような実業家にかぎら
ず,いろんなジャンルの人をとりあげます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:    
秋田 総一郎
(あきた そういちろう)
自己紹介:
 1965年,兵庫県に生まれ東京の多摩地区で育つ。鉄道会社勤務を経て,2006年に楽知ん投信(株)を設立し代表取締役に。
 会社勤務のかたわら,「たのしい科学」の世界を子供や大人に広めるNPO法人「楽知ん研究所」で活動してきた。現在,多摩地区で妻と2人暮らし。

連絡先
 akitaあっとluctinfund.co.jp

※お手数ですが「あっと」部分を「@」にご変換ください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[03/26 秋田総一郎]
[03/26 よしたけ]
[02/29 秋田総一郎]
[02/29 直]
[02/25 秋田総一郎]
カウンター
忍者ブログ [PR]