忍者ブログ
〈ふつうのサラリーマン〉が長期投資の投信会社・楽知ん投信を立ちあげる
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  最近,あるパンフレットをつくりました。

 「成熟経済時代を楽しく生きるための心得」を,十数個
の標語・格言・ことわざの形にまとめたものです。「〈成熟
経済時代を楽しく生きる〉ための標語集」です。

 そのパンフレットをつくったいきさつですが……

 11月24~25日に,鹿児島市で「大道仮説実験ワーク
ショップ」というイベントがあります。私が参加している
NPO法人・楽知ん研究所の主催です。

 「科学のたのしさ」を伝える,さまざまな科学実験のプロ
グラムの実演や,講師養成の講座などが行われる,年1回
の「お祭り」です。今年で7回目。280人ほどが参加します
(参加申し込みは,終了しました)。

 今度の「ワークショップ」で,私はミニ講演をすることに
なっています。そのとき,この「標語集」をお客さんにお配り
して話をします。それで,今回まとめたのです。

 標語や格言のカタチにすると,「発想」「思想」は,ぐっと
身近なものになります。生活や仕事のいろいろな場面で,
その「標語」が思い出されることがあります。

 そのことで,その「発想」を自分で使いこなす……という
感覚がでてくるのです。

 まさに「標語」の力です。

 これから3回に分けて,この「標語集」の中身をご紹介
していきます。

   「これからの時代,どんな発想で生きたらたのしいか」

について,私や,周囲の仲間の考えが集約されていると
思います。

          *   *   *   *

〈成熟経済時代を楽しく生きる〉ための標語集(1)
          ⓒAKITA Soichiro, 2007

 これからは「成熟経済の時代だ」と私たちは考えます。
それは

  「社会が経済的に豊かになって,一人一人が自分の
   価値観で、たのしいことを追及できるようになる時代」

です。これまでとはアタマを切り替えていく必要があります。

 この標語集は,そんな時代を生きるためのヒントになれば,
とまとめたものです。

 作成にあたり,板倉聖宣さん(教育・科学史の研究者),
澤上篤人さん(さわかみ投信代表)の仕事に多くを負ってい
ます。


●お金の流れが変わる……直接金融,公のサービスを民間で●

■いいものには拍手,そして投げ銭

 いい商品やサービスを生み出す人や組織には,拍手
を送りたくなります。商品やサービスへの代金は,「これ
からもいい仕事をしてね」という想いをこめた〈投げ銭〉=
資金援助です。

 拍手と投げ銭が,いい仕事をする人たちを励まし,
育てます。


■お金に 働いていただく

 経済が「右肩上がり」だったかつての時代は,昇給も
順調で,退職金もアテにできました。だから,「自分の
お金に働いていただく」などと考える必要はありません
でした。

 でもこれからは,一人ひとりが,有能な金貸しや投資家
になって自分のお金を働かせ,財産を守り育てることが
必要になるでしょう。


■お金の流れは 社会をつくる

 社会は,お金の使われた方向に動きます。政府が
公共事業に予算を使うこと,あなたが企業の商品を
買うこと,株式投資をすること……そんなお金の流れ
が積み重なって経済はできています。

 だから,買い物でも投資でも「応援したい企業や事業
にお金を流す」という気持ちが大切です。それが,社会
を「こうあって欲しい」と思う方向に動かします。

 澤上篤人さんの著作で,私はこのイメージについて
眼をひらかされました。


■ 衣食足りれば 他人の笑顔

 これは,板倉聖宣さんが創作されたことわざです。

 豊かになった今の社会では,食べものや着るもの
には不自由しません。「もっといいものを」という欲望
もあるでしょうが,限度があるものです。

 一方,「他人に喜ばれることをして,その笑顔をみて
喜ぶ」という満足は尽きることがありません。〈他人の
笑顔〉は,〈衣食足りた時代〉の究極のたのしみなの
です。

          *   *   *   *

 今日はここまで。明日の「その2」に続きます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:    
秋田 総一郎
(あきた そういちろう)
自己紹介:
 1965年,兵庫県に生まれ東京の多摩地区で育つ。鉄道会社勤務を経て,2006年に楽知ん投信(株)を設立し代表取締役に。
 会社勤務のかたわら,「たのしい科学」の世界を子供や大人に広めるNPO法人「楽知ん研究所」で活動してきた。現在,多摩地区で妻と2人暮らし。

連絡先
 akitaあっとluctinfund.co.jp

※お手数ですが「あっと」部分を「@」にご変換ください。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/26 秋田総一郎]
[03/26 よしたけ]
[02/29 秋田総一郎]
[02/29 直]
[02/25 秋田総一郎]
カウンター
忍者ブログ [PR]