忍者ブログ
〈ふつうのサラリーマン〉が長期投資の投信会社・楽知ん投信を立ちあげる
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


澤上篤人さんをお呼びした勉強会
(楽知ん研究所主催:2007年6月 東京)

 今ごろの季節=1年のはじめころには,「今年の目標」
について考える人は多いと思います。

 今日は,数年前のサラリーマンのころの自分がそんな
ときに考えたことを思いおこしています。

 そのころの私が年のはじめによく「今年の目標」として
考えたことの中のひとつに

   今年は,このくらい蓄財をしたい
   (=自分の金融資産を増やしたい)

ということがありました。

 会社の仕事や,週末に活動していた楽知ん研究所
関係以外だと,この「蓄財」というのは大きな課題でした。

 数年前,三十代後半の私(私と妻の2人)は,「蓄財」に
関しこんなことを考えていました。

   はやく「何千万円~1億何千万円」(今の自分の年間
   の生活費の20~30年分くらい)という額の金融資産
   をつくりたい。20,30年かかってもいいが,できれば
   もう少し早く……

 これは「経済的独立」,あるいはそこまでいかなくても
「半独立」の状態になりたい……ということです。

 「経済的独立」(ファイナンシャル・インデペンデンス)
というのは,

   従業員(会社員など)としてもらう給料がなくても,
   自分の資産や保有するビジネスからの所得で
   生活ができる状態

のことです。

 「経済的独立」というコトバからは「社会人として給料
をもらうようになって,独立して生計をたてていくこと」
とイメージする方もいるかと思いますが,そういう意味
ではありません。

               *

 私ははなぜ,「経済的独立」「半独立」などということを
考えたのでしょうか?
 
 抽象的な言いかたをすれば,

   「資産形成によって,より大きな自由を得たい。
   〈やりたいこと〉をもっと深く追求していきたい」

というあこがれ・志向がありました。

 数年前,私は楽知ん研究所の仲間とこんなことを
話しあっていました。

   「自分たちの活動(たのしい科学の世界を社会に
   広げること等)をもっと充実させたいなあ。」

   「今のままでも十分たのしいけど,さらにもう一段
   すすめていくには,ある程度の資金も必要だ……」

   「たとえば,研究仲間の何人かが〈経済的独立〉を
   果たして,楽知んの活動や研究に専念できるように
   なったら,活動の生産性はすごくあがるだろう」

   「仲間や支持者のあいだで資産に余裕のある人が
   増えたら,活動の資金も集まりやすいだろうなあ」

 それは「○万円,○億円の資産ができたらこうしよう」
といった具体的な「人生設計」ではありません。

 とにかく,

   自分の〈大好きなこと〉をさらに充実させていくための
   〈道具〉として,自分の資産をつくっていきたい,
   それはだいじなことなのだ……

という気持ちがありました。

 そんな想いで,私たち夫婦は,ある長期投資の投信
ファンドへの投資を中心にして,自分なりの「資産づくり」
を行うようになったのでした。

 楽知ん研究所の仲間の何人かも,同じような「長期投資」
を行っていました。もちろん「投資に一定のリスクはつきもの」
ということは承知したうえで,です。

 「経済的独立」をめざすには,いくつかの方法があります。
「長期投資」は,そのひとつです。

 ほかに典型的な「方法」として「起業して成功する」という
のもあるわけですが,「ふつうのサラリーマンの自分には
〈長期投資〉だ」と思っていました。

               *

 さて,意識して「長期投資」をはじめて数年以上たちました
が,今も私は「経済的独立」には至っていません。

 数年かけて(いろいろな条件にも恵まれて)自分としては
「ある程度,資産づくりの成果があがってきた」と思えるところ
まではきたのですが,その「資産」を一挙に手放すことをして
しまいました。

 それが,当社・楽知ん投信の立ち上げです。

 当社は,5人の株主が一人あたり1000万円~1000数百
万円を出資して,設立しました。私も出資しています。

 また,会社が軌道に乗るまでは,これまでの蓄えを切り崩し
ながら暮らす……ということになります。

 「経済的独立」のメドは,結局たっていません(^^;

 でも,「長期投資によってつくった資産(お金)」を〈道具〉
として使いながら〈やりたいこと〉にトコトン挑戦する……
ということは,実現しています。

 今の私は

   「長期投資を知らなかったら,得られなかったような
   自由(=自分でものを決めること)とか,ワクワクした
   感じを得ることができている」

と感じています。

 別に「会社をつくる」とか「勤めを辞める」ための「長期投資」
とか「経済的独立」ということを,述べたいのではありません。

 ただ,

   〈経済的独立〉というイメージを知った上で,
   自分の資産を育てていく

ということは,オススメしたいのです。

 「経済的独立」を,現実的な目標として設定するかどうか
はともかく,とにかくその概念を知ったうえで,それを意識
した行動(資産づくりにつながること)を積み重ねる。

 それは,人生を充実させるうえで,すごく有効なことなの
ではないか……そう思っています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:    
秋田 総一郎
(あきた そういちろう)
自己紹介:
 1965年,兵庫県に生まれ東京の多摩地区で育つ。鉄道会社勤務を経て,2006年に楽知ん投信(株)を設立し代表取締役に。
 会社勤務のかたわら,「たのしい科学」の世界を子供や大人に広めるNPO法人「楽知ん研究所」で活動してきた。現在,多摩地区で妻と2人暮らし。

連絡先
 akitaあっとluctinfund.co.jp

※お手数ですが「あっと」部分を「@」にご変換ください。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/26 秋田総一郎]
[03/26 よしたけ]
[02/29 秋田総一郎]
[02/29 直]
[02/25 秋田総一郎]
カウンター
忍者ブログ [PR]