忍者ブログ
〈ふつうのサラリーマン〉が長期投資の投信会社・楽知ん投信を立ちあげる
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 おととい(28日)に「指数関数」的な変化の話をしたので,
その関連です。

 「72の法則」ってご存知ですか?

 「年何%づつ」という「一定の比」による増加は,

   「指数関数的」

といいましたが,とくにお金の計算の世界では

   「複利」

といいますね。

 「利息が利息を生む」という状態が「複利」です。

 「72の法則」は,「複利」の計算についての法則です。
式であらわすと
_____________________________

   72÷年率=2倍になる期間
_____________________________

というものです。

 おおよその計算ですが,

 年率7%の利息で100万円を借りたとします。

 その100万円の借金をそのままにしておいた……
としましょう。

 100万円の借金はこんなふうに「雪だるま」的な
感じで増えてていきます。
(細かい桁は四捨五入のおよその数字です)

   1年  107万円
   2年  115万円 
   3年  123万円
   4年  131万円
   5年  140万円
   6年  150万円
   7年  161万円
   8年  172万円
   9年  184万円
   10年  197万円

 これを上記の式にあてはめると

   「72÷7(%)=10.3…だいたい10年」

 年率7%の増加だと,だいたい10年で2倍になる……
ということです。

 年率10%だったら

   「72÷10=だいたい7」

だいたい7年で2倍になります。

 年利3%で2000万円を借りて,そのまま放っておいた
としたら

   「72÷3=24」

24年間で2倍の4000万円になります。

 年利20%で10万円の借金をして,そのまま放ってお
いたとしたら

   「72÷20=だいたい4」

4年弱で2倍の20万円になります。

 「72の法則」は,こういう「借金の数学」に使えます。

 そして「借金」だけでなく「利殖の数学」にも使えるわけ
です。

 仮に年利7%でお金を増やすことのできる運用があった
としたら,

   「72÷7=だいたい10」

およそ10年で100万円が2倍の200万円になる……
といった計算です。

 「そんな運用が実際にあるのかどうか」ということはここ
では立ち入りません。とにかく「そういう条件で計算すると
そうなる……」ということです。

 「72の法則」は「生活に直結する数学」といえるでしょう。
もっともっと広く知られていいと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:    
秋田 総一郎
(あきた そういちろう)
自己紹介:
 1965年,兵庫県に生まれ東京の多摩地区で育つ。鉄道会社勤務を経て,2006年に楽知ん投信(株)を設立し代表取締役に。
 会社勤務のかたわら,「たのしい科学」の世界を子供や大人に広めるNPO法人「楽知ん研究所」で活動してきた。現在,多摩地区で妻と2人暮らし。

連絡先
 akitaあっとluctinfund.co.jp

※お手数ですが「あっと」部分を「@」にご変換ください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[03/26 秋田総一郎]
[03/26 よしたけ]
[02/29 秋田総一郎]
[02/29 直]
[02/25 秋田総一郎]
カウンター
忍者ブログ [PR]